ひまわり会 ホーム こぐま会 ネットショップ
ひまわり会ひまわり会ひまわり会


KOGUMA ひまわり会とは



多彩な学習プログラムの中から、お子様の課題や志望校に合わせて1講座ごとにお取りいただける講座です。忙しい方、非会員の方でも1講座からのお申し込みができますので、ぜひご活用ください。



 こぐま会の幼小一貫教育の理念に基づいた独自のカリキュラムです。就学前の子どもたちを対象とした教育を「教科前基礎教育」としてとらえ、未測量・位置表象・数・図形・言語の5領域を系統化して学習していきます。このカリキュラムにそって「事物教育」と「家庭との連携」を行うことにより、大きな成果を上げています。こぐまひまわり会でもこの基礎教育の実践を根底に据えています。
 ひまわり会は毎年各小学校に多数の合格者を送り出しているベテラン教師が担当します。それぞれの持ち味を生かし、専門領域・学校別の授業を展開します。参観型の授業もありますので、実際の声のかけ方、指導のポイントなども見ることができます。ばらクラスの授業展開に合わせてありますが、志望校に向けて深く掘り下げての学習が可能になっています。授業後にはお子様の課題点について具体的にアドバイスをいたします。
 
 ばらクラスの授業は最大14人で行われます。決して多すぎる人数ではありませんが、やはり緊張してしまう子や、授業に集中できないお子様はいらっしゃいます。ひまわり会は最大6名。少人数の中でお子様が自由に発言することができます。お子様一人一人の様子を見ながら授業が展開しますので、つまずいている個所でじっくりと指導が行われます。その時期のばらクラスの進度に合わせた単元別授業や個別授業で、苦手領域もしっかりと学習することができます。
 
 事前に詳しい授業内容・日時・講師をお知らせいたします。内容を十分に検討していただいたうえでお申し込み下さい。すべて1講座ごとのお申込みですので、受講が可能な日時の講座のみの参加が可能です。学習面のみならず、行動観察・巧緻性などのいろいろなジャンルから現在のお子様に最適な学習プログラムを自由に組み合わせてお作りください。何を取ったらいいかわからないときにはお気軽にご相談ください。ばらクラスの様子からのご提案も可能です。
 


  KOGUMAひまわり会開講に当たって
 ひまわり会は、15年以上前から受験生を対象に、入試直前の9月・10月の日曜日を使って、最後のまとめを少人数で行っていたのが、始まりです。少人数での指導を、直前だけでなく、通年を通して行ってほしいという保護者の方々の要望に応え、数年前から専用の教室を設け、新しい「ひまわり会」が誕生しました。
 日常授業の進度に沿って、「テーマ」を設け、1回ずつのお申し込みにより過度な負担を子どもにかけないよう、また、教師と講座を保護者の方々に選んでいただく、新しいシステムによる講習会です。学力に不安がある方、もっと学力を伸ばしたい方、それぞれの要求に合うよう、たくさんの講座を用意しています。難易度と内容を確かめながら、目的に合った講座選択をし、力をつけるとともに、家庭学習で何をしたらよいかを発見する場としても活用してください。今年は授業に連動し、家庭学習をサポートする「保護者のための勉強会」も常設していく予定です。

こぐま会代表  久野 泰可



Copyright(C) kogumakai ALL Right Reserved