ひまわり会 ホーム こぐま会 ネットショップ
ひまわり会ひまわり会ひまわり会


年長児講座 4月(恵比寿・大森教室)

 5月 

基礎学力育成講座 山口
学校別対策講座(学習院・横浜雙葉) 中村
学校別対策講座(目黒星美) 鈴木
手先の巧緻性 / 絵画造形プログラム 大坪
男子特別講座 町田

お申込みはこちら
■恵比寿校の講座はネットでのご予約、決済となります。
■受付開始日:2018年3月20日(火)11:00 〜
■お申込み・キャンセルについては申し込み&案内 のページをご覧ください。

 ▲TOP | ▼NEXT 

基礎学力育成講座 担当:山口 
 数や図形の課題は、今後難しいペーパー問題にも対応できるように応用力を身につけなくてはなりません。図形の講座では、今のうちに具体物を使った図形構成の経験をたくさん積んで、苦手意識をなくしましょう。この講座では、見本構成を徹底トレーニングして、修正する感覚をしっかりと身につけます。数の講座では、今後発展した複合問題にも対応できるように、一対多対応について徹底トレーニングします。
 
「一対多対応」と「数の複合問題」
講座No.HA-4ハ 4月9日(月)15:00〜16:30 ソレイユ5F
数の領域から「一対多対応」の問題がよく出題されます。最近の入試では、この「一対多対応」の問題が、多少や増減などの問題と複合して出題されることが多く、とても難しい問題になります。応用問題として、多少や増減と関連した複合問題についても学習します。
「図形構成」と「図形模写」
講座No.HA-4ヒ 4月16日(月)15:00〜16:30 ソレイユ5F
 図形領域と言語領域の問題は、入試の中心となる重要課題です。図形領域では図形構成の出題が多く、具体物を使って構成する課題やペーパーで出題される問題形式がほとんどです。大切なのは、「全体と部分の関係を捉える力」そして、「修正する力」を身につけることです。そのためには、具体物を使って構成する経験が必要不可欠です。今回は、違った種類の形を使った平面構成を行い、ポイントをしっかりと学びます。また、試行錯誤することやできたという達成感を味わうことができるように授業を進めていきます。また、筆記用具を使い、点図形や図形模写など、正確に描けるようにします。
■持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒


 ▲TOP | ▼NEXT 

学校別対策講座 担当:中村 
 小学校入試で出題されたものを今から行うのではなく、出題傾向に合わせて秋の入試までに着実に力をつけていくために、基本となるところから対策を取っていきます。
 学習院初等科は月例順で考査が行われることもあり併願校として考えていらっしゃる方も多いと思います。併願でと考えている方でも対策はしていかなくてはなりません。そこで4月より「学校別対策講座」を始めていきます。
 学習院初等科の入試では「おはなしづくり」「図形構成」「記憶」「指示行動」「手先の巧緻性」「行動観察」が占める割合が高いです。
 学校の傾向に合わせて行ってまいります。早めに対策を取っていかれることをお勧めいたします。
 
「学習院初等科(1)」
講座No.HA-4フ 4月17日(火)15:00〜16:30 大森
おはなしづくり…「原因」「結果」をもとにお話を作っていきます。
図形構成…見本を見ながら立体構成を行います。
他に「記憶」「指示行動」を行います。
「学習院初等科(2)」
講座No.HA-4へ 4月29日(日)15:30〜16:30 斉信4F
お話づくり…1場面の絵を使って行います。
図形構成 …三角パズルを使って基本の形を作っていきます。
四方観察 …反対から見るとどう見えるか具体物を使って行います。
他に「手先の課題」・「記憶」を行います。
「横浜雙葉小学校(1)」
講座No.HA-4ホ 4月17日(火)17:00〜18:30 大森
ペーパー対策として毎年出題されている「話の内容理解」「数の問題」「一音一文字」等と 指示制作・リズム運動を行います。
■持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒


 ▲TOP | ▼NEXT 

学校別対策講座 担当:鈴木 
 入試傾向を知り、早い時期から弱点を作らない対策をとることが大切です。
特に、お話づくりの前提である「対話力」を高める経験をたくさんしておきましょう。
 
目黒星美学園小学校
講座No.HA-4マ 4月8日(日)13:00〜14:30 斉信4F
〈ペーパー〉・お話の内容理解
      ・数
      ・図形系列
      ・位置の移動
      ・しりとり
〈個別〉  ・位置の記憶
      ・社会的常識
      ・お話づくり
■持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒


 ▲TOP | ▼NEXT 

手先の巧緻性 / 絵画造形プログラム 担当:大坪 

手先の巧緻性 〜 基礎診断と基礎練習〜
講座No.HA-4ム 4月8日(日)9:00〜10:30 三信2F
基礎診断の内容は、「色塗り・運筆・ハサミ切り・ちぎり・結ぶ・お箸」を行い、道具の扱い方や技術が正しくでき ているかをチェックします。チェック後は、それぞれの技術の向上を目指して練習していきます。また、試験では 「手先の器用さ、作業中の集中力」だけではなく制作過程において、「諦めずに取り組む姿勢や工夫する力」を見て います。そのような力が伸ばせるように、試行錯誤しながらも自分の力で作業できるように進めてまいります。 授業後は、その診断をもとに、ご家庭での取り組み方や、ご指導の方法をお伝え致します。
入試対策の 絵画造形プログラム 4月
講座No.HA-4メ 4月8日(日)11:00〜12:30 三信2F
小学校受験の絵画制作では、作品の上手・下手ではなく、お子様の「想像力・表現力・コミュニケーション力」 などが求められています。絵画・造形プログラム講座では、様々な課題にじっくり取り組みながら、作品作りに 必要な自己表現力を身につけていきます。

【 観察画 】 モチーフを見て感じたこと気づいたことを描きましょう。絵具やクレヨンの正しい使い方を身につけましょう。
【 造 形 】身近な廃材を使って、「生き物」を作りましょう。お子様のアイディアが形になるようにアドバイスをしていきます。
■持ち物 上履き・水筒・スモック


 ▲TOP | ▼NEXT 

男子特別講座 担当:町田 
 この講座では、男子共学校でよく出題される課題と男の子が苦手な課題の中から、合否の分かれ目となる重要課題を厳選し、男の子に合わせた内容と指導方法で、合格に向けたトレーニングを行っていきます。
 
第1回 手先の巧緻性
講座No.HA-4ミ 4月15日(日)15:30〜17:00 大森
テーマ:基本的な制作力を身につける 「切る 貼る 結ぶ」
手先の巧緻性の課題は、男の子にとって。苦手なお子様も多いのではないでしょうか。これから、夏前までに3回の授業を通して、基本的な巧緻性が身につけられるよう、男の子でも興味を持って取り組める題材を用意し、男の子同士という環境の中で切磋琢磨しながら、上達を目指します。どこで躓いているのかを明確にし、ご家庭での練習のポイントもお伝え致します。 第1回目は「切る・貼る・結ぶ」という 制作の中でも一番基本的であり、かつ出題頻度の高い課題を取り上げました。授業では、前半に基礎的な練習を繰り返し行い、そのときに練習したものを使って、後半に指示制作を行います。習得した技術は自由制作の中でも生きてくるはずです。最後まで粘り強く、集中し、丁寧に作品を仕上げます。お子様が誇らしげに作品を持ち帰る姿を是非ご覧ください。

課題ごとに以下のことを中心に練習します
「切る」・・・はさみの進み方と右手・左手の連動
「貼る」・・・のりのつけ方 セロテープの使い方
「結ぶ」・・・かた結びを確実に ちょう結びのコツをつかむ

切る・貼る・結ぶの課題が出題された学校(過去5年)
青山学院 慶應幼稚舎 慶應横浜初等部 成蹊 早稲田 成城 桐朋 目黒星美 筑波
■持ち物 上履き・水筒・スモック




Copyright(C) kogumakai ALL Right Reserved